時代が進むに連れて様々な業界の働き方が変わってきています。世の中にはSNSで収入を得ている人もいて、以前からは想像もできない時代になりました。そんな流行りのSNSは多くの人が利用していて、そこには数多くの出会いがあります。そんな日々進化している業界の情景について見てみましょう。

出会い業界は街コンと婚活パーティー

婚活パーティーと街コンの共通点、それは出会いの場であるということです。
社会人になると会社と家との往復がほとんどとなり出会いの場は減少してきます。
そんなときに気軽に参加できるのが婚活パーティーや街コンとなるわけです。
ではこの婚活パーティーと街コンの違いは何なのでしょうか。

まず婚活パーティーですが、こちらは1つの会場を貸し切って行うことが多いです。
500人以上の大規模なものもあれば、20人くらいの小規模なものもあります。
システムも着席型の全員と会話をするお見合い型もありますし、フリースタイルで自分が気になったお相手を探し、自由に楽しむというスタイルもあります。
もし、積極的に行くのが苦手という方であれば、全員と話せる着席型は大変ありがたいシステムですよね。

また、職業を限定してあったり、年代を限定してあったり、趣味のくくりがあったり、季節のイベントであったりと非常にたくさんの趣旨、種類のパーティーが全国で開催されています。
特に参加人数が多い婚活パーティーに参加することができれば、それだけ新たな出会いのきっかけが増えると言えるでしょう。
その点で見ると東京の婚活パーティーは非常にオススメなので、東京の婚活パーティーに参加してみましょう。
料金は安い場合は2000円くらいから高くて6000円くらいが相場です。
ただしこれは女性の料金であり、たいていの場合は男性の方が2,3000円高くなっています。
割高なパーティーの場合は出会いはもちろんですが高級なホテルが会場になっていることもあり、料理などもおいしいものが期待できるのでそちらも楽しみに行くことが出来ます。

街コンの様子しかしそういった大規模なパーティーは大変人気があり、募集人数が多い場合であってもすぐにキャンセル待ちとなってしまうので早めに応募することをおすすめします。
そして街コンですが、婚活パーティーが1つの会場で行うのに対し、街コンの場合は複数の店舗で開催されていることが多くなっています。
何店舗か決められたお店をまわり、そこで出会った人と会話をするというイメージです。
お店によって料理の種類が違うのでパーティーよりも多くの料理があります。

人数は大体50人前後くらいです。
ずっと同じ場所にいるわけではないので気分を変えることができますし、もし気に入った人が他の異性と話をしていてもお店が違えば目に入ることもないのでそのあたりは気にせず自分も色んな方と喋りに行くことが出来ます。
本当に気軽に出会いを求めている人には街コンの方が適しているでしょうし、きちんとした将来を見据えた人に出会いたい場合は婚活パーティーの方が良いでしょう。
さらに1人参加限定のものや、自分と同年代、同じ趣味といったくくりのものに参加してみるとより、気の合う素敵な方と出会えるチャンスがやってくるに違いありません。

あわせて読みたい記事
アーカイブ